インプラント矯正について

インプラント矯正について

インプラントという言葉はだいぶ浸透してきました。
虫歯などで自分の歯を失ってしまった場合に、代わりに埋め込む人口の歯の事です。
しかし、矯正治療を行う際にも、インプラントは活用できると知っていますか?
インプラントを活用した治療方法は、インプラント矯正と呼ばれ、今注目されています。
 

 

例えば、全て自分の歯で矯正治療を行う場合、前歯の出っ歯を矯正させるために、前歯を奥歯に固定され引っ張ったとしましょう。
この時、後ろの固定されている奥歯も引っ張られる事で、前に動いてしまいます。
そのため、前歯を移動させたい場所に移動させる力が不足してしまいます。

 

ですが、後ろに固定されている奥歯がインプラントだった場合はどうでしょうか?
インプラントの人工歯は、顎の骨にネジで埋め込んでいるため、絶対に動きません。
そのため、インプラントの人工歯が、基本軸となり、前歯を動かしたい場所に動かし、矯正しやすい状況を作ります。
なので、矯正治療がスムーズに行えるため、
通常の矯正治療と比較すると、インプラント治療の場合は矯正の期間が半分程度の期間で完了します。

 

ワイヤー治療が困難だった奥歯の咬み合わせや、
外科治療が必要だったガミ―フェイスの治療でも、インプラント治療なら可能です。
つまり通常の矯正治療よりも、治療の幅が広がると言えるでしょう。

 

ただし、インプラント治療には、デメリットも存在します。
通常は治療期間が短くなれば、治療費も安くなりますが、インプラント治療の場合は異なります。
インプラント治療が必要となるため、矯正治療のみよりも、治療費は高くなってしまいます。
また新しい矯正治療のため、インプラント治療を行っている矯正歯科が、まだあまり多くありません。