矯正治療とホワイトニングを同時にするメリット

矯正治療とホワイトニングを同時にするメリット

審美歯科で歯列矯正の治療を行う場合、歯並びがキレイになるだけでも、見た目の印象は大きく変えられます。
しかし、ホワイトニングを行い、白い歯になる事で、さらに好印象を与えられるでしょう。
矯正治療とホワイトニングを同時に行うメリットについて、紹介します。

 

まず、矯正治療とホワイトニングを同時に行う事で、手間を省略する事が可能です。
矯正治療が終わった後に、ホワイトニングをする場合、また別の日に審美歯科に通う必要があります。
ですが、同時にすれば、通院にかかる手間が1度ですませる事が可能です。

 

また矯正治療をマウスピースで行う場合は、さらに同時に行うメリットが追加されます。
それは、マウスピースにホワイトニング剤を装着する事で、矯正とホワイトニングを同時に行う事ができます。
そのため、気軽にホワイトニングの併用をする人が増えています。

 

ただし、矯正治療とホワイトニングを同時に行うためには、インビザラインと呼ばれる矯正治療を行っている事。
そして、ホワイトニングの治療を行っている事を確認した上で、歯科医院を選ぶ必要があります。

 

ちなみに、ホワイトニングのメリットは、歯にダメージを与えずに、繰り返し行う事が出来る事です。
そして比較的短期間で、歯を白くする事が可能です。
しかし、デメリットもあります。
それは、1回ホワイトニングをすれば、半永久的に白い歯のままという訳にはいきません。
食生活や喫煙などの生活習慣により、半年〜1年程度しか持続しないため、
白い歯をキープするためには、定期的なメンテナンスが必要になります。
またホワイトニングには個人差があり、人によってはなかなか白さを実感できないケースがあります。